ウィッグの装着方法

ウィッグの装着方法

ウィッグのかぶり方について気になる人も多いのではないでしょうか。最近ウィッグは珍しくもなく、ごく一般的にオシャレの延長で取り入れる人が多くなって来ています。髪の短い人はそのままかぶれば良いですが、髪の長い人が髪をまとめてウィッグの中に入れるのにはコツがある様です。

 

髪の長い人が髪をまとめる場合、先にネットをかぶってタイトにまとめる必要があります。ネットをかぶらない場合、ウィッグが盛り上がってしまい不自然に見えてしまいます。また購入する際に、店員さんにアドバイスしてもらうと良いかもしれません。初めにヘアバンドをする様にネットを頭から通し、自分の毛をすべてネットの中に入れ込みます。イメージとしては、筒型のネットの中に髪の毛をすっぽり入れてしまう感じでしょうか。長い髪の毛を全て押し込み、最後に筒型の終わりの部分の頭頂部にピンで固定します。

 

この時ネットが尖ったり、下に垂れない様にします。ネットが上手にかぶれたらウィッグを装着しますが、この時に自毛が見えない様にウィッグを深めにかぶりましょう。自分の頭のサイズに合ったウィッグを選ぶ様にしましょう。小さいサイズだと浮いて見えますし、不自然に見えますから注意して下さい。フルウィッグの場合かなりイメージチェンジしますので、自分の肌に合ったウィッグを選びましょう。たくさんの色や髪型がありますので迷ってしまいますが、初めて購入する場合は第三者のアドバイスを受けると失敗しにくいでしょう。自分の好きな色と自分に似合う色は違いますので、注意が必要です。

 

ウィッグのつけ方とはずし方のコツ

ウィッグの付け方や外し方にもコツがあります。ウィッグの内側の後ろ側にはアジャスターがついていますので、サイズ調整をして下さい。自分の頭の大きさに合わせて丁度良いサイズにして被りましょう。ウィッグ専用のネットがありますので、自毛をネットの中に入れ込みウィッグを被ります。

 

ウィッグを前髪の生え際に合わせてすっぽりと被ります。生え際を抑えながら、後ろをグッと引っ張るように被ると深く被る事が出来ます。またこめかみに合わせて、ウィッグの左右の三角部分を引っ張りながら被ると上手く行きます。被れたらブラシや手ぐしでスタイルを整えますが、この時ウィッグがずれない様にブラッシングしましょう。ワックスなどのスタイリング剤を使って髪型を整えます。はずし方は逆の手順になりますが、ウィッグをピンで固定している場合はピンを外します。

 

ストッパーがついているタイプの場合は、まず後ろのストッパーを外します。ウィッグの襟足部分を持ち上げて浮かせます。前方にストッパーがついている場合は前側から親指を入れて外します。丁寧に扱えば長持ちしますので、つけたり外したりする時は丁寧に扱いましょう。ウィッグにも様々なタイプがありますので、タイプに合わせた扱い方をしましょう。一番壊れやすいのは、止めたり外したりするストッパーなどですから壊れない様に丁寧に扱いましょう。ストッパーが壊れてしまったら捨ててしまうしか無くなってしまいますので、注意しましょう。

 

ウィッグを上手に付けて違和感とか不自然さなく付けるためには、ウィッグの上手なかぶり方をマスターする必要があるのですが、地毛をピンで固定してから、ウィッグネットを首まで下ろしてから、ヘアバンドの容量で髪をまとめてネットの中に髪を入れておく必要があるのです。その後にウィッグをかぶると、後頭部がすっぽりと入るようになるのでウィッグをしっかりとかぶったら、次は手櫛でも良いのですがブラシなどを使用してウィッグを整えておくと綺麗にウィッグを付けることができますので効果的ですよ。

 

ウィッグの正しいかぶり方について全く知らないというような方も多いとは思うのですが、ウィッグの正しいかぶり方というのは、それほど難しいものでもないですのですぐにマスターすることができますし、ウィッグは付けていることがバレないようにかぶることもポイントとなってきますので、ウィッグをこれからかぶりたいというような方とか、ウィッグの正しい付け方を知りたい!というような方は、この方法をマスターしてほしいと思います。前髪ウィッグのかぶり方についてなのですが、地毛の前髪をセンターで分けてからピンなどを使用して固定をする必要があるのですが、ウィッグに付いているクリップを使用して固定したら完成するので正しい使用法をするためにも行うようにしましょう。ウィッグを使いこなすためにも、綺麗なかぶり方をする必要がありますし、オシャレをより一層楽しむことができるようになるでしょう。