ウィッグを長持ちさせるお手入れ方法

ウィッグを長持ちさせるにはお手入れが大切

ウィッグは10代の人達とか20代の人達とかも使用をしているわけなのですが、ウィッグをただのオシャレのアイテムとして使用をしているというような場合には、ついついお手入れなどをしっかりとせずにずさんに扱ったりしてしまいがちです。

 

しかし、ウィッグはお手入れなどをしっかりと行うようにすることによって長持ちさせることもできますし、ウィッグの状態を購入したままのピカピカの状態にすることもできるので、傷んだりしません。そんなウィッグの綺麗なお手入れ方法にはどういうものがあるのでしょうか?

 

ウィッグの洗い方

ウィッグは使用をしていると汚れなどが付着したりもしますので、当たり前のことなのですが、お手入れはしっかりと行う必要が出てきます。そのお手入れのやり方なのですが、何でも良いというようなわけではなくてスプレーとかヘアワックスを使用して使ったりしていると、汚れが深く付着してしまっているので、傷みやすい状態となっているので、シャンプーで汚れを落としていくようにすることが大切みたいですね。

 

くしを使ってしっかりと汚れを落とす

くしでとかしてからほこりとか汚れなどをしっかりと落とすことが大切で、ウィッグを色々な場所に使用をしていったりすると、必ず外のゴミとかほこりなどが沢山付着してしまうようになりますので、できるだけくしを使って汚れなどをしっかりと落とすようにしましょう。

 

シャンプーでしっかりと洗う

その次には、シャンプーでしっかりと綺麗にするということが大切で、特に顔などに触れやすい部分のウィッグはしっかりと念入りに洗うことが大切で、びっとりとこびりついた汚れや汗などを洗い落とすことができるようになります。シャンプーをする際には、必ずウィッグをブラッシングすることが大切で、洗面器にぬるま湯をためて、シャンプーで泡立てていくことが大切のようです。

 

ぬるま湯で優しく洗うのがポイント

ゴシゴシと洗うのではなくて、優しくゆすぐようにすることが肝心です。そして、ぬるま湯の中で洗うようにすることが大切で熱いお湯などを使用して洗ってしまいますと、ウィッグが傷んでしまうようになりますので絶対にやめるようにしてくださいね。ぬるま湯あたりがベストで冷たすぎるのは避けるようにした方が良いかもしれません。、ウィッグの正しいお手入れの仕方を知らないというような方はぜひ覚えておいてほしいと思います。

 

顔にかかる部分は念入りに

ウィッグの顔にかかる部分にもファンデーションなどによって汚れが深く付着しやすい部分となっていますので、この部分はシャンプーなどで更に念入りにお手入れをする必要があるので、よくお手入れを行うようにしてほしいと思います。しっかりとお手入れを行った後には、ドライタオルを使用して水分を取り除くようにする必要があります。水分はできるだけ拭き取るようにしないと傷みやすいので注意しましょう。