人毛ウィッグと人工毛ウィッグの違い

2種類のウィッグが発売されている

ウィッグの中には、人毛ウィッグと人工毛ウィッグの2通りが発売されているわけなのですが、この人毛ウィッグと人工毛ウィッグではどのような違いが生じてくるのか?と言いますと、人毛というのはその名の通り、人の髪の毛で作られているウィッグのことで、ではこの人の髪の毛というのはどこから取ってくるのか?中国人の髪の毛を使うことが多いみたいで、それは、日本人用のウィッグやかつらを作る際に髪色とか髪質が似ているということで、よく採用がされているみたいですね。

 

最低限の薬剤のみを使用して作られているウィッグとなっているので、高級ウィッグとして採用されているケースもかなり多いみたいで、かなり付けていても人毛ウィッグなので違和感などがないと思いますし、人工毛ウィッグよりも少々高くなっていると思います。

 

人毛ウィッグの特徴

人毛は人工毛ではできない部分として、人の髪の毛が使われているのでキューティクルがあるので自然な艶を引き出すことができて、綺麗なウィッグを被ることができると言えますが、人工毛だと熱に弱いという特性があるので、繊維が傷むことがあるという点が挙げられますね。ただ、人工毛だと最初から髪型が確立されているので細かいスタイリングをする必要がなくて、梅雨時にもハネたりしないので、非常に使いやすいというようなメリットもあるみたいですよ。どちらも品質などはまちまちとなっているみたいですが、高品質のものも販売されているみたいです。

 

医療用ウィッグは人毛ウィッグが多い

ウィッグ(wig)といえば、私達は女性のファッションアイテムとして使用をするものというような連想をしますが、中には医療用として使用をしているタイプのウィッグも存在しているということで、医療行為などの際に抜け毛などがひどかったりして、人に見せることができないくらいひどいハゲなどができてしまった時などにこの「医療用ウィッグ」を着用するみたいですね。

 

抗癌剤治療の際の副作用やびまん脱毛症に

ですので、医療行為の時だけにお世話になったりするウィッグですのであまり使用をすることは少ないかもしれませんが、こういうウィッグも存在しているということを知っておくことはとても大切なことだと思います。医療用ウィッグは抗癌剤治療の際の副作用などで起こってしまう脱毛とか円形脱毛症などによって、髪が薄くなってしまったりして頭のてっぺんのみがハゲてしまったりして髪の色々な悩みを抱えていらっしゃるというような方がこの医療用ウィッグを使用して、そのハゲてしまったりコンプレックスに思っている部分を隠して普通の見た目の髪を維持していくような目的で使用をするようになっているみたいですね。

 

ただ、自毛とほとんど同じような感じになっているので人が見ただけでは、全然気が付かないと思いますし違和感なく装着をすることができるのが良いと思います。それ以外にも、事故とかやけどとかで髪が抜けてしまったというような場合にもこの医療用ウィッグを使用してカバーすることができるようになっているみたいですよ。

 

医療用ウィッグはどんな時に必要?

moon

 

ウィッグの中にはオシャレ目的のために使う以外にも、医療用ウィッグと言って、医療行為をする際に着用をして、円形脱毛症とか脱毛やハゲなどが目立たないようにする目的で使用をするものも存在しているのですが、いかんせん医療用ウィッグということでどんな場面で使用をすれば良いのか?というようなことが分からないという人もいらっしゃると思います。

 

医療ウィッグの準備

「いつ準備をすれば良いのか?」ということについてなのですが、化学療法を始める前などに余裕を持って付けるかどうかを検討することが大切なようですね。医療行為を行っている最中には気持ち的にも余裕がほとんどないと思いますし、治療に専念をしないといけないということで、できれば化学療法を始める前などにするのが良いみたいです。

 

どのくらいの期間必要か?

「どれくらいの期間の間使用をすれば良いのか?」というようなことについてなのですが、大体は8ヶ月から1年くらいの間使用をするみたいで、発毛が始まってからショートスタイルに戻るまでの間となっているので、結構長い期間かかるみたいですね。

 

失敗しない選び方

そして、自分が装着をしたいウィッグを選ぶ際には実際に付けてみて付け心地とか違和感などがないかどうか?というような点をしっかりと確認してから選ぶようにするのが失敗しないウィッグ選びをするためにも重要なこととなっていますので、使用感などを確認するためにも、実際に装着をされることをオススメ致します。写真や展示を見ただけで購入をすると、こんなカラーのものじゃなくてもっと明るいカラーのものが良かった
というようなことになりかねません。